Swiftでプロトコル(インターフェース)を定義する方法

Pocket

Swiftではプロトコル(Javaでいうインターフェース)を定義できる。

Swiftでプロトコルを定義して利用する

こんな感じでプロトコルを定義することによって、何を実装すれば良いかが明確になる。

Swiftでプロトコルを複数定義して利用する

Swiftでも、Javaのインターフェースと同じようにprotocolを複数定義&利用できるよ。

クラスの多重継承はできないけど、protocolならOK。

カンマで区切っていけばいくつでもプロトコルを実装できるよ。


おわりに

最近、 teratail が無料のわりに良くできてておすすめ。

ボクがリリースしたアプリも役に立ったらDLしてみてね -> iOSアプリ
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加