Swiftで乱数を生成する方法

Pocket

主に以下の関数を使う。

今回は例として、0〜9の乱数を生成する。

実行ごとに異なる乱数の arc4random()

ちなみにモジュロバイアス(modulo bias)問題を気にする場合は…

モジュロバイアスについて参考: arc4random()が生成する乱数の偏りについて

簡単に言えば、乱数の偏りです。

モジュロバイアスを解決する arc4random_uniform()

自分で試していないのでなんとも言えないですが、体感できるほどの差はあまりないかとは思いますが、心配な人は arc4random_uniform() を使えば良いと思います。


おわりに
著者だよ。良かったらフォローしてね

エンジニア系YouTube始めました!記事が役にたったらチャンネル登録お願いします!
 
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加