Swiftでオプショナルバインディング(Optional Binding)を使って安全にアンラップする方法

Pocket

! を使うことでアンラップすることができるけど、値がnilだった場合はエラーになるよ。

そんなときに、 オプショナルバインディング(Optional Binding) を使うことで安全にアンラップできるよ。

Swiftでオプショナルバインディング(Optional Binding)を使って安全にアンラップする

こんな感じでオプショナルバリューがnilでなければ、一時変数(ここではfuga)に代入されて、nilのときにはfalseが返るようになってるよ。

これはguard文でももちろん使えるよ。


おわりに

最近、Q&Aの teratail が割と便利なのでおすすめ。

ボクがリリースしたアプリも役に立ったらDLしてみてね -> iOSアプリ
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加