Swift5で遅延処理を実行(Wait, sleep)する方法

Pocket

Swiftで一定時間後に処理をする(Wait)際に、リピートの必要がなければタイマーを使う必要がないよ。

Swift2まではこんなだったみたい

Swift5で一定時間後に処理を実行する

随分と簡単に書けるようになったね。(Swift3より

ネット上にあるのが古いやり方もあるから書いてみたよ。


おわりに

iOS初心者は気軽に参加できるTECH::CAMPオンライン説明会
ガッツリ転職したいなら、【Tech Stars Agent】 がおすすめです!

著者の新規アプリは以下
ハッピーになれるSNSアプリ 'Frieppy'
著者だよ。良かったらフォローしてね
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加