SwiftでUILabelのlineBreakModeを設定する方法(…の位置など)

Pocket

SwiftではlineBreakModeを設定することができるよ。

iOS開発をしてると、多分 文字列… みたいになったことが一度はあると思うよ。

これをコントロールできるよ。

SwiftでUILabelのlineBreakModeを設定する

説明するより見たほうが早いので画像貼ってくよ。

byTruncatingHead

byTruncatingHead

先頭が…になるよ。

byTruncatingMiddle

byTruncatingMiddle

中間が…になるよ。

byTruncatingTail

byTruncatingTail

後ろが…になるよ。

byClipping

byClipping

表示できる部分のみが切り取られるよ。

byCharWrapping

byCharWrapping

複数行になったとき、文字単位で折り返すよ。

byWordWrapping

byWordWrapping

複数行になったとき、単語単位で折り返すよ。

今回は、Programmaticallyな説明をしたけど、もちろんStoryBoard上でもできるよ。

Line Breakという欄があるから、そこで同じように設定できるよ。


おわりに

最近、 teratail が無料のわりに良くできてておすすめ。

ボクがリリースしたアプリも役に立ったらDLしてみてね -> iOSアプリ
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加