Swiftで引数を参照渡し(inout)する方法

Pocket

inout を使うことで、いわゆる参照渡しをすることができ、変数を加工することができる。

個人的にはあまり使いたくないので、ゆるーく説明しとく。

Swiftで引数を参照渡しする

こんな感じで参照渡しをしているので、xとyが2倍されているのがわかる。

もう一度言うが、個人的に使うことはあまりないと思うので値渡しとの比較とかはしない。

メソッドを呼び出すときに変数に & をつけることに注意。


おわりに

オールFirebaseで新アプリをリリースしました! -> 匿名シェアチャットアプリ 'mimicha'

著者だよ。良かったらフォローしてね
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加